人気ジャンルの「熟女系」風俗ジャンルで稼ぐコツとは?

「熟女系」人気の理由と店舗での働き方

熟女系の人気があるワケ

昔から「熟女系」というのは、性的風俗におけるジャンルのひとつとして確かに存在し、一定の人気を得ていました。
熟女系に求められる魅力というのは主に「マザコンとも言われる、母性を求める」というタイプと、「若い子に対してのようにリードをする必要も、気張る必要もなく、人生経験を重ねた女性と、心を落ち着かせながらサービスを楽しみたい」と考えるタイプの2種類が存在します。
少子高齢化と言われて久しい日本、男性は常にプレッシャーに悩み、甘えられる場所を求めています。
それが「若々しさ」よりも「熟れっぷり」を求める男性が昔から、しかも今は増えている理由といえるでしょう。
そのため、以前は「若い女性」が圧倒的だった風俗も、男性側の嗜好が拡大したこともあり、40代くらいまでの熟女にも働ける可能性が増しているのです。

働き方、そして、稼ぎ方

では、例えば40代の女性が風俗で働き始めるには、どうすればよいのでしょうか。
それについて考えていくことにしましょう。
まず、働く業態を選ぶわけですが、基本的な傾向を押さえておくといいでしょう。
「ヘルスはソープより肉体的負担が軽いが、収入が低い」「ソープは肉体的負担が重いが、収入は高い」などです。
そして自分が続けられそうな業種でお店を探すわけですが、基本的には「自分の体力」と相談するということを一番大事にしましょう。
もとより、普段からトレーニングや運動などをしているわけではない場合、若いころより無理がききません。
そのため、「ある程度目標をもって臨む」のが、終わりのない風俗で消耗するよりはよいかと思います。