人気ジャンルの「熟女系」風俗ジャンルで稼ぐコツとは?

「熟女系」性風俗店での成功の鍵とは

風俗店と性風俗店の定義

「風俗」とは、皆さんがまずイメージするのは「性的なサービスを施す」というものではないでしょうか。
それは半分正解ですが、それ以外にも意味を含んでいます。
それは「射幸心をそそる」あるいは「コミュニケーションを含んだ飲酒、遊興、飲食を提供する業態」のことです。
これらの意味合いは、いずれも「未成年が摂取してはいけないものを提供する場所」という共通点があり、そしてそれはつまり「大人の社交場」ということになります。
これらは「風俗営業」と呼ばれ、主に「キャバレー」「キャバクラ」「カップル喫茶」「パチンコ屋、麻雀店」「ゲームセンター、パチンコ、スロット店」などが該当します。
これらは店舗の営業時間や店舗の敷地などに規制がなされています。

利用方法に関しての解説

性風俗店は「性風俗特殊営業」という名前で法律的には呼ばれており、分類としては「ソープランド」「店舗型あるいは派遣型ファッションヘルス」「個室ビデオ店、ストリップ劇場」「ラブホテル」「アダルトグッズショップ」「アダルトグッズの通信販売」などが挙げられます。
基本的にいずれの業態も「本番行為=性交」が禁じられています(日本では「企業行為としての売春」が法律で禁じられています)。
ソープランドは本番ができることが特徴ですが、これは業態の法律的解釈で「客と風俗嬢の個人的な売春」という形になるようにしているためです。
さて、基本的な利用方法ですが、店舗型の場合は予約をしてから行くのが基本です。
もちろんアポなしでも行けますが、お気に入りの風俗嬢がいれば、予約状況を確認した方がより確実です。